2014.09.30

舞妓はレディ

ひさびさに映画館で映画観ました。『マイ・フェアレディ』をパロったコメディミュージカル『舞妓はレディ』です。周防組満載です。
豪華で芸達者な出演者に混じって、青森からやって来て舞妓を目指す主人公は朴訥な一生懸命さをよく出し、デフォルメされた京都を堪能できると思います。長谷川博己扮する京言葉の先生も、なんともB級っぽくて楽しめます。
おおきに、すんまへん、よろしゅうおたのもうします、こない、そない、あない、どない、へえ、そうどすか、わからしまへん、、京都の私が言うのもナンですが(笑)、京都っておもしろおすなあ。

そして、あらためて深く感じ入ったのは、女将さんを演じる富司純子さんの凄みですね。徹底して優しい役なのに、甘さがない。
俳優さんを褒めるのに「演技している感じがしない」と言うことを耳にしたことがありますが、なるほど、こういうことなのか、、と思いました。はまり役とは言えるのでしょう。本当に、芝居していると思えない。私がここであらためて言うようなことでもありませんけれど、富司純子恐るべし。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2014.02.19

永遠の0


オリンピックも佳境ですね。そんな中、先日『永遠の0』を観てきました。ご覧になったみなさんそうだと思うのですが、やはりナカナカ考えさせられる映画でした。

天才的な飛行技術を持ちながら生き残ることに執着し、周囲からは臆病者と酷評された「宮部久蔵」が主人公。彼は最後には特攻で命を落とすのですが、彼の孫が、戦友を訪ね歩くうちにその実像に触れていく、、というストーリーです。
まずはなんと言っても、そのVFXのすばらしさ。空母や戦闘機が、本当はこんな動きをしていたのだ、という驚きの映像が続きます。

正直、突っ込みドコロはいっぱいあるのじゃないか、という話しでもありますけれど、戦争を題材とした物語としてはとても引き込まれましたね。
もっとも印象深かったのは、宮部の孫が、その友人と「特攻は自爆テロか否か」ということで論争する場面です。宮部孫は「特攻は軍事拠点である空母のみを標的としたものであり、無差別に一般人を巻き込むテロとは違う」と主張するのですが、自ら志願する点で共通であると言う友人には、なかなか理解してもらえませんでした。
私は、特攻を無差別なテロとすぐに結びつけるとまでは思いません。しかし、劇中でも示唆されていたように、特攻はあまりにも愚かな作戦であり、そこへ指導していった軍部の狂気は許されないと思います。家族のために生き残ることに執念を燃やしていた主人公が、最後に特攻を志願する理由は明らかにはされませんでしたが、そこをはっきりさせないことで、とりあえずこの作戦を美化しないでいられているでしょうか。特攻の犠牲になった人すべてにも家族はいるのですから。。

原作は未読なので、私も知らない部分が多いのかな。映画の方は、とにかく岡田准一がカッコいい、井上真央はうまいなと思う(ちょっと堅いケド)、染谷将太や新井浩文はいい味あるな、、です。

予告編とりゃ

2013.08.26

じゃあ映画でも借りるか

今日、ムスコズとひさびさにツタヤまで映画をレンタルしに行きました。私も2年ぶりに会員証を更新しました(笑)
3人でひとつずつ借りてきた作品は以下のもの。いったいどれがチチで、ムスコズそれぞれか、ご想像つきますでしょうか。。

B003GQSYMG シャイニング [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21

by G-Tools

B007B8Q1OS 機動戦士ガンダム I [DVD]
バンダイビジュアル 2012-05-24

by G-Tools

B00C93YSUY バイオハザードV リトリビューション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2013-06-26

by G-Tools

お盆でいっしょにちょっとだけポクポクしたり、こうやってワクワクしながら映画借りに行ったり、子どもとの時間はほんとうにかけがえのないものとしみじみおもいます。
じつは先日、ボランティアでたいへんお世話になった方の息子さんが20代の若さでお亡くなりになったこともあり、さらに強くそう思います。

2013.01.24

睦月雑話2013

先週に映画「レ・ミゼラブル」を観ました。
すばらしかったですね。ビクトル・ユーゴー原作の有名なミュージカルの映画化で、この映画もミュージカル仕立て。ワタシは予備知識なしで行ったものですから、セリフがいきなり歌ばっかりだったのはちょっとびっくりしました。
しかしそれにしても、まあ鉄板の物語であり、どうアレンジしても感動させられるのではないでしょうか。いや、ホントすばらしかったです。ミュージカルが苦手、、という方でない限りは、自信を持っておすすめできますこの映画。
主人公のジャン・バルジャン役にはヒュー・ジャックマン。「Xメン」の人だそうですね。言われるまでぜんぜんわからない。最近の映画「シャーロック」の、ロバート・ダウニーJRか?、いや、違うか? と思ってて、それをムスコ2号に言ったらなんか納得されちゃったり。。

そのムスコズは、先日の塾テストにて散々な結果(苦笑) 昨年のクリスマスプレゼントだったNintendo3DSは没収されました。目標を設定し、そこに向かってこつこつ準備していくことを学んでおくれよ頼むぜ。
そしてそのチチは、なんとか体調もキープしつつ過ごしております。原因のよくわからないじんましんにちょっち悩まされたり、先日受けた大腸内視鏡検査の結果で、全摘したポリープは放っておくとガンになる可能性のあるものだったと脅されたりしながらの毎日です。さてさて長生きできるものかな・・。


縁起を担いで、スマホのカバーを替えました。

 

このところ洋楽ばっかりだったので、「日本語ロック」を。古いよね(笑) でもなんでこんなカッコいいのだはっぴいえんどは。

2012.11.07

ベイダー卿ディズニーを偵察

ディズニーがルーカスフィルムを買収したという驚きのニュースがあったわけですが、おそらくその関連でしょう。ダースベイダー卿がストームトゥルーパーを引き連れて、アメリカのランドを偵察(というか視察?)したという映像です。


ああ、ディズニー行きてーなー(笑)
あたらしいスターツアーズに乗れるのはいつのことだろうか・・。

そしてディズニーでスターウォーズの7作目以降が制作されるというニュースも驚き。
たしか、ハンソロとレイアの子どもたちが主人公になっていくんですかね?
すでにベイダー卿は亡く、帝国という絶対悪な存在が消滅してからの物語ですから、ある意味やりにくく、ある意味やりやすいのかもしれません。
かなり色の違うもので、しかも旧ファンの目に耐えるものが求められるような気がします。難しそーだなー。。

2012.08.30

ダーク・ナイト・ライジング

アメコミヒーロー「バットマン」を、表舞台には出てこられない英雄「ダークナイト」として描く、クリストファー・ノーラン版3部作がついに完結と言うことで、先日いそいそと観に行ってまいりました。

ワタクシ思うに、こういうのって悪役が魅力的でないと失敗に終わるのですが、1作目のリーアム・ニーソン、2作目のヒース・レジャー、そして今作のトム・ハーディと、それぞれすばらしかったと思います。
まあ、ヒース・ジョーカーのキレまくった突出ぶりは別格としても、、思ったよりよかったですよトム・ハーディ。マスクのせいで口が見えず、目だけで悪の演技をするのって、難しいでしょうね。前作よりもアクション色が強く、なんというか、、『ダイハード』的なカタルシスもあると思います。

峰不二子的なキャラであるキャットウーマンを演じるアン・ハサウェイの美しさも、バットマン=ブルース・ウェインの幸せを願いつつも離れていってしまう執事アルフレッドを演じるマイケル・ケインの悲しさも、いい味です。
そして主役のクリスチャン・ベイルは、、なんかふしぎな人ですね。印象に残るルックスでもないし、派手な演技をするわけでもないし、マッチョさも似合わないし、、それでも、きっとバットマン役は彼の代表作となっていくでしょう。しかし、もっと化けて、すごい俳優になっていって欲しいけど。


3部作をつなぎ合わせたようなトレイラー。おなじアメコミではサム・ライミ『スパイダーマン』3部作もよかったけれど、好みはぜったいこっち。だって暗いもん(笑)

2012.02.11

如月雑話2012


「2月は逃げる」と言いますが、いやはや、もう半ばですね。今年はやっぱり気温低いのでしょうか。いつもならそろそろ花を咲かせ始める、木瓜が堅いつぼみのままです。
今日明日は、休日にしてはめずらしくまったりモード。午前中にご法事1件、兵庫まで伺いましたがそれだけです。
ムスコズの土曜日は、いつも早朝より温水プール行き。午後は遊びに来た友だちとカードゲームに興じています。後期期末試験まで、あと10日なんだけど(苦笑)
明日は(今のところ)シゴトはなく、ムスコズの記録会へ応援に行く予定です。プールや海で遊ぶ2人を見ることはありますが、ブカツで真剣に泳ぐ姿は初めてかな。ちょーっと楽しみかな。
 
そういえばこの前、坊さんナカマ内でなぜか「金曜ロードショー」の話になり、私がオープニングのメロってこんなんだったよね、、って歌ったら妙に懐かしい思いに(笑)

これですね。この映像の日に放映されている『スタンド・バイ・ミー』は、DVDで持ってます。先日、ムスコズと3人で観たんだよ。ヤツらも、だんだん観る作品がオトナになってきたよ。

2011.07.23

ハリー・ポッターと死の秘宝


いやー観に行ってきました。3D吹き替え版です。
7部からなるベストセラー小説を、10年かけて8作として公開。ついに、その最終回がやってきたわけですね。
いくつかのレビューなんか見ても、まずは内容より、変わらぬキャストで10年間撮り続けたことへの評価がなされているようです。私もこれはその通りだと思います。あの、生意気でかわいくて利発な女の子だったハーマイオニーが、怒りっぽいけど芯の強い、とっても魅力的な女性に成長していくのを見るのは、感慨深い(笑 ← なぜ)ですよね♪

(さらに…)

2011.06.08

ブルーレイガキタ

既存のDVDレコーダーが限界に近づき、このたび買い換えをいたしました。いよいようちでBDが観られるようになりました~。
 

購入しましたのはパナ製です。
 

記念すべきソフト第1号は、ムスコズのリクエストもあって『マトリックス』です。
ふふーむ、やはり画期的な作品ではありますよね。今じゃCGによる「マトリックス的見せ方」って当たり前になってきたようにも思いますし。
 
ワタクシもそのうち買おっと。
こんなのとか

B003V27T4O ゴッドファーザー PARTⅠ<デジタル・リストア版> [Blu-ray]
フランシス・フォード・コッポラ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2010-09-16

by G-Tools

こんなのとか、かな

B004CRSEEG ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-01-26

by G-Tools

2011.05.10

指輪雑話

中学では朝読書の時間があって、2号は『指輪物語』の文庫を持って行って読んでいるようです。

4566023621 新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien
評論社 1992-07

by G-Tools

ファンタジーの、まあ、最高峰でしょうか。ひとつのスタイルを確立した、歴史に残る小説でありますよね。
それを手にした者に、世界を制覇する力をもたらす「ひとつの指輪」を巡り、仲間たちが強大な敵を前にして、信頼と勇気と不屈の闘志を見せる物語であります。(こう書くと『ワンピース』みたいね)
 
そしてまた、映画『ロード・オブ・ザ・リング』もあらためて観たりしております。

B0002DCQZW ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション [DVD]
ピーター・ジャクソン
ポニーキャニオン 2005-02-02

by G-Tools

これも、史上に残る映画って言っていいんじゃないかしら。
壮大なロケと、緻密なコンピュータグラフィックがうまく融合して、またこれも、ひとつのスタイルを確立したと思いますね。
最後の戦い、敵の本拠前で大軍を前にして、恐れを抱く味方たちに演説するアラゴルンのセリフは、いつ聞いても感動するな。

Next »