Home > 7月, 2014

2014.07.02

Rick Wakeman in サンケイホールブリーゼ


重厚なジョン・ロード、多彩なキース・エマーソン、そして華麗なリック・ウェイクマンでしょうか。なんとグランドピアノだけのソロコンサートに行ってきました。
ピアノだけでずっとやるって、、正直どんなモノかな、、と半分期待、半分心配で行ってきたのですが、いやはや、素晴らしかったですよ(笑)

楽器のプレイもきっと年令とともに衰えが来たりするんじゃないか、と思うのですけれど、あまり彼には関係ないのかな。力強いアルペジオをこれでもかと繰り出し、まったく飽きさせない2時間のステージでした。
ソロの曲、イエスの曲、ABWHの曲、他のミュージシャン、たとえばボウイやキャット・スティーブンス作品で共演した曲など、さまざまな作品で楽しませてくれました。
イエス曲だと、「同志」と「不思議なお話しを」を演奏しました。イエスだとバンドの迫力が前面に出ますけれど、ソロだと、あらためてイエス曲の美しいメロディがよくわかりますね。惚れ直します。

1曲ごとに、ていねいなMCが入ります。ゆっくりした英語なので、なんとなく私でもわかりました。クリス・スクワイアと同じような巨体でのっしのっしと歩き、笑顔を絶やさずにいてくれたウェイクマン。すばらしいよ。また来て欲しいよ。イエス復帰はぜったいないだろうから、次はオーケストラとの共演か、ジョン・アンダーソンとのデュオかどちらかで頼むよ。