« | »

2013.02.23

梅は咲いたが


桜はまだかいな、、ではありますね。例年よりかなり遅れていますが、やっと梅の花が咲き始めました。まだしばらくは暖かさ安定とはいかないでしょうが、春はそこまで来ているとは思われます。

5月の晋山式を前にして、いろいろ準備にいそしんでいます。
この週は「披露」といって、当日お世話になるお寺さん方にお願いのご挨拶に回っておりました。遠方の方への郵送も含め、まだ全部は終わっていません。他にも多々用事はつまっていて、正直ナカナカしんどいです。あとひと月、とりあえずお彼岸が終わるまでは一息付けないなあ・・。

 
ムスコズは次の水曜日から定期試験。2年生最後のテストです。
前回の結果が思わしくない教科もあったので、今回はそれをカバーしてもらわないと。1年後は受験で悲鳴上げているかも知れません。3年生に進級したら塾へ行く時間も増える予定です。
ムスコズもがんばっているので、チチも負けないようにしないとです・・。

 

有名なシンガーソングライターが4人集まった、、という、いろんな意味ですごいバンド、クロスビー・スティルス・ナッシュ・アンド・ヤング。ソロで活躍するミュージシャンでは、私がもっとも愛するニール・ヤングが参加していました。
さいきんニールの書いた文章を読んだのですが、そこで彼が、スティーヴン・スティルスのことをとっても高く評価しているのが興味深かったですね。いや、スティルスはヤングに匹敵する人なんでしょうが、あんまり仲は良くなかったんじゃないか、、と勝手に思っていたので。
ニールが言うには、オレには他のふたり(クロスビーとナッシュ)には見えない、スティルスの何かが見えると。彼には信じられないほどの正確なリズム感と、驚異的なグルーヴがあると。うーむ、そいうものなのか。
この曲「キャリー・オン」は、そのスティルスの作品かな? 前半後半でがらっと変わるのにちゃんと統一されているというトコロが、いかにもスティルスらしいかも。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.