« | »

2013.10.07

完調オルフェーブルでも勝てなかった・・

一競馬ファンとしては、昨夜の凱旋門賞はもちろん外せません。かぶりつきでテレビ観戦しました。
結果はご存知の通り。昨年に続いて本当に悔しく、また、考えさせられるオルフェーブルの2着でした。

オルフェは1番人気。日本馬が世界でも高いレベルに達してきていることは、おそらく間違いないのでしょう。ところが池江調教師をして「完敗」と言わしめた、3歳牝馬トレヴの圧勝で終わったのです。最後の直線前、オルフェは他馬に囲まれて外に出にくくなり、そういう展開の不利はあったかも知れません。しかし、オルフェがすいっと出てきたとしても、おそらく負けただろうと思わせるレースでしたね。

報道等を見ていますと、オルフェの敗因として、まず斤量(きんりょう)差が出ています。斤量とは、馬の年令や実績に応じて課せられるハンデの重りです。
たしかに、凱旋門賞での斤量差は大きすぎるように思います。
また、テレビで見ていたとき、馬場が「やや重」と出ていました。ただでさえヨーロッパの馬場は芝が深く、浅めの日本に比べて馬力がいると聞きます。それに加えて、(おそらく雨のせいで)地面がぬかるみ加減の「やや重」となると、日本馬は不利なのだろうと思います。

個人的には凱旋門賞にこだわり過ぎるのもなんだかな、、とは思うのですが、日本馬は本当に強いことを世界に思い知らせるには、凱旋門賞で勝つというのはとてもわかりやすく意義はあるのだろうと考えてもいます。
しかし、、日本馬が勝つこと、本当に実現するのでしょうか。
もしそれを期待させる馬が出てきたら、もう、日本で走ることはそこそこにして、3歳当初からヨーロッパに渡って向こうの馬場を何度も経験し、斤量の少ない、その年のうちに勝たないとダメなんじゃないかな、、とも思います。
極端なたとえで恐縮ですが、メジャーリーグで成功するため、日本のプロを経ないでいきなりアメリカに渡るような感じでしょうか。それくらい、日本の競馬とヨーロッパの競馬は環境が違うような気がします。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.