« | »

2009.05.27

応量器が届きました

「坊さんであること」を考えるとき、外見や内面から見ていくやり方もありますが、「坊さんだから、これを持っている」という見方もあります。
曹洞宗では、それは得度のときに師匠から授かる法衣であり、袈裟であり、血脈であります。
そしてもうひとつ。それは「応量器(おうりょうき)」という食器です。


このたび、ムスコズが得度を受けるにあたり、ネットでお世話になっている漆職人kotaさまより応量器を購入しました。
大本山永平寺に卸しておられるという実績ももちろんですが、応量器で使う箸に平たい形を採用されていることが目を惹いたのです。
応量器を使っての食事作法では、箸を器の上にのせたりすることがあります。
そのとき、断面が正方形ではすべって落ちやすいのです。そのため、平たい箸が使われてきたようです。
30年以上前に私が得度を受けたとき、授かった応量器にも、平たい箸がついていました。それは師匠に縁のある方が使っておられたものらしく、当時でも使い古され感がありましたが、新品と比べるとなんとも味わいのある控えめで上品なツヤを持っていました。
永平寺にいたときも、古参和尚さんから「これはいいものだから、大事に使えよ」とも言われた自慢の(?)一品でもあったのです。(ただ、箸はすでにダメになってて、私は四角いものを使っていました・・)
そんな思い入れがあるものですから、kotaさんのところを拝見したとき「この人はよく知ってるなぁ」と驚き、いつかムスコズが得度したらここのを使わせてもらおう、、と思っていたのです。

そして届けられたお品を見てびっくり。ピカピカしすぎてかえって品がなく見えてしまう、最近の応量器を見慣れていた目には、これが漆器というものなのか、、との驚きだったのでしょうか。ムスコズに使わせるにはもったいない。応量器を見てこんなに感激したのは初めてです(笑)


とりあえず広げてみました。私の写真では、とてもその品の良さをお伝えできませんが、その雰囲気だけでも。
中央のいちばん大きな器を「頭鉢(ずはつ)」といい、ご飯やおかゆを入れます。頭鉢はお釈迦さまの頭蓋骨をかたどったと言われ、口を直接つけることは許されません。
だから、さじがあるのですね。さじは頭鉢から食べるとき専用です。


応量器は6枚からなっています。いちばん小さいものを底に敷いてその上に頭鉢をのせ、中に残り4枚を入れます。
上にのっているのは「鉢単(はったん)」といって、広げて器の下に敷くものです。(これは私が永平寺で使っていたものです)


広げてみました。


箸とさじには、専用の袋があります。この箸とさじも、すごく繊細な作りです・・。


重ねた応量器をふくさで包み、上に膝掛けの布と箸袋をのせています。


「水板(みずいた)」というものです。これもkotaさんの品です。


水板の上に布巾を広げ、外側のふくさでしばります。下から捧げ持ち、運びます。

応量器を使っての作法は複雑でなかなか覚えられません。まるで茶道のお手前のようです。新米の坊さんが道場に入ったとき、いちばん苦労するのは、この応量器の扱いだと思います。
でも、覚えてしまうとムダが全くなく、もうこれしかない動きになります。食事作法をうるさく言うのは、もちろん、食事をいただけることへの感謝の意にほかなりません。
私も、今のふだんの生活で応量器を使うことはありませんが、手にするといろんな感情がわき上がります。坊さんとしてのアイデンティティにかかわるものだからかな。あ、ちょっとマジメな記事になっちゃったね、、スミマセン。。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

応量器…とても良い品の様で、久方ぶりに奇麗な漆の其れを拝見しました。
此の頃の其れは、キラキラし過ぎでなぁ〜と観て居りましたものですから…
あ、我々(真言)は使いませんよ。念のため

息子さんの得度式、おめでとうございます。(これからなのかな?)
私の弟は中学生のときに得度式をしました。応量器、と言うものがあるのですね?!私は見かけなかったな~…。忘れているだけかな?
父親も叔父も寺を継がなかったため、祖父から孫(弟)への引継ぎでした。間の世代が一代抜けていることで、弟はかなり苦労をしてきました。今は仲良くさせてもらっています。
息子さんが跡を継がれることは、本当に有難くおめでたいことだと思います。

青龍寺和尚さんありがとうございます
素人の感想ではありますが、ぱっと見た目の品の良さに圧倒される感じです。
あ、ぜひ使ってみてください。手にしっくり来ます。

TAKEOさんありがとうございます
得度式は春彼岸に済ませていました。式での応量器は、最後の写真のように包まれた形で登場する、言わば「儀礼の小道具」です。
こんな記事書いておいてこういうこというのもナンですが、応量器のいちばんの意義はもちろん品の善し悪しではなく、師から授かることにあるわけですね。
そういう意味でも、TAKEOさんのところでも、弟さんが得度をされてお寺にいらっしゃること本当に良かったですね!
どうかこれからも、仲良くお過ごしになってください!

見せて頂いて身が引き締まる思いがする御品ですね。
儀式が如何に大切で尊く、また真摯な気持ちで臨まれるのか伝わっってきます。
子供さん達も改めて感じられたのではないかと思いました。
kotaさんの作なのですね。本当に素晴らしいものだというのがお写真から十分伝わって来ました。
作る人があって、それを使う人があって・・・一つの物が、双方を輝かせますね。

ワルツさんありがとうございます
そうですね、私も届いた包みを開けたとき、色の具合といい手に持った感触といい、ほんとうに素晴らしいもので笑ってしまうくらいでした。
やはり、丁寧な作りのものを手にすると、丁寧に扱おう、、という気持ちになります。
坊さんであることを証明する、言わば一生ものなので、こういう品を手にさせてもらってありがたいです。

お久しぶりです。ちゃまです。
応量器に関してずぶの素人がコメントすることに、もし失礼な発言があればスミマセン…。
「へぇ~、こんなものがあるのか…」と興味深く拝見しました。そしてツィンズが得度されたことは本当におめでとうございます。法燈継承がまさに行われたわけですね。
「食事作法をうるさく言うのは、もちろん、食事をいただけることへの感謝の意にほかなりません。」の言葉につくづく納得しました。
やはり我々は動植物の命を頂いていますもんね。
自宅近くのダイエーの閉店時間間際に行ったときに売れ残った商品を見ていると、もったいないような、申し訳ないような気持ちになってしまいますね。
ところで立○の食前感謝の言葉ってあるのをご存知でした?
「仏さま、自然の恵み、多くの人に感謝して、いただきます」というものです。練成会などでは全員で唱和してから食事をします。自宅ではなかなか実践できてませんけど…。

ちゃまさんありがとうございます
ええ、そうなんです。三種の神器ではありませんが、曹洞宗の坊さんとして、持つことがまあアイデンティティになるわけですね。
食事作法、、というか、日常の作法全般について道元禅師はすごくうるさい(失礼-笑)方だったのですよ。歯の磨き方から、お手洗いでの作法まで・・。
それは、日常のなにげないくり返しの中にこそ、仏としての修行があるのだ、、という信念、そして信仰なのでしょうね。いかにも禅ってヤツです。
私も売れ残り商品を見ると切なくなりますね。。
さすがに立○のお言葉までは存じませんで。いや、どことも、おなじ主旨の唱えごとを持つのでしょう。
もちろん私も、実践できていません(いいのか・・笑)

恐れ入ります。展鉢の画像をお借りしたいのですが、よろしいでしょうか?

uzumaさんありがとうございます
どこでどのようにお使いになるか、教えていただけますか??