« | »

2011.11.09

こどものおつとめ

おかげさまで授戒会はぶじに終わりました。坊さん方もお参りの方々も5日間まさに「同じ釜のメシを食う」状態が続くので、最後は感動のうちに解散することができます。
ただ、とても大きな行持なので滅多に行われず、また開催できる寺院も限られてくるのがネックではあります。。
 
さてさて話は変わるのですが、そのお寺でこんなものを見つけ、いただいて帰ってきました。(クリックすると大きくなります)

数十年前に日曜子ども学校みたいなことをされていて、そこに出入りしていた大学生さんに、当時のご住職がヒントを出されて作ってもらった、、とのこと。
「三帰(さんき)」「三法印(さんぼういん)」「四弘誓願(しぐせいがん)」「五戒(ごかい)」「六度(六波羅蜜-ろくはらみつ)」という、、まあ仏教の基本と言えるの一つ一つを、子どものために言い換えたものですね。そのあまりの見事さに、感動いたしました。これは私のセンスではできない・・。
しかしこれを子どもだけのものにするには、あまりにもったいない。私もいつか、りっぱなひとになりたいです。。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

いや~素晴らしいですね。
子供のみならず、大人のためにも一家に一枚貼っておいても良いくらいですね。
戒めにさせていただきます。

此れは良いものを…
ジャック様の仰る様に、今の大人にも必要な一枚です。

ジャックさんありがとうございます
いや~ホントすばらしいですね。
これは坊さんではない、学生さんが文を作られたらしいのですが、これは脱帽です。
100年後でも通用するでしょうね。私も目標としたいところです。。

青龍寺和尚さんありがとうございます
大人だからこそ、しみじみ心にしみ通るものがありますね。