« | »

2011.11.25

『呪われた町』ふたたび

呪われた町 (上) (集英社文庫) 呪われた町 (下) (集英社文庫)
なんだか知らないうちに復刊されていました。スティーヴン・キングの初期の傑作『呪われた町』であります。
1974年デビュー以来、ホラーの巨匠としてアメリカ文学界に、一定の地位を築きつづけるキング氏。この作品を高く評価するファンは多いと思いますね。
内容はぶっちゃけ言えば、「吸血鬼の小説」です。なんとも古典的なテーマだとお思いでしょうが、キング氏の手にかかると、これがまたホント怖いのですよね。
と言っても、伝統の設定を外したものではまったくありません。アメリカの田舎町に、正体を隠した吸血鬼がやってきて、町の人をどんどん仲間に引き入れ、侵略に気づいた他の人たちが勇気をふりしぼって対決する、、という王道な話しかと思います。
 
私もちろん旧版で読んでますけれど、そそられて買ってしまいます。パラパラとめくってみたら、やっぱりおもしろくて、ページを繰る手が止まらない状態になってしまいますね(笑)
個人的にもキングの怖い三大小説のひとつだと確信しています。(あと二つは『シャイニング』と『ペット・セマタリー』。とくに『シャイニング』は『IT』と並んでキング最高傑作かと)
キング氏もあまりに多作なんで、興味を持っても、いったいどれから読めば良いんだ、、と思われる方もおられるでしょうね。
映画で有名な『スタンド・バイ・ミー』とか『ショーシャンク(の原作)』などは読みやすいですが、もっと違う色のものを、、と思われたら、いよいよこういう怖いヤツに当たってみて下さいな。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.