« | »

2012.04.24

Yes in アルカイックホール

さて、イエス行ってきてやっぱり良かったです。
それは往年の名曲群を、生で観てこられたということ。
そして、今のイエスがどんなものなのかわかった(ような気がする)からです。

記事の最後にセットリスト載せておりますが、それを見ると、わりとバランスよく並べられているなぁと思います。それぞれが長いので曲数は少なめ。それでもきっちり2時間はやりました。最後にメンバー全員前で並んだとき、アラン・ホワイトが肩でぜーぜー息をされていたのを見ると、イエスのドラムを叩くのは尋常なことではないのだろうな、、と思いました。
ヴォーカルはジョン・デイヴィソンという人。アメリカのプログレバンドで歌っていたようですね。おそらく、、メンバーの息子くらいな年齢だろうか。彼はアンダーソン似の高音が魅力ですが、アンダーソンと比べるのはちょっと酷か。悪い言い方すると、ただ高いだけという感じも。それでも、あの歌唱を通してきっちりこなすのは並ではないとも思います。
なんと言っても、サポートなしの純メンバーだけであれだけの音を出すのはすごいなあと。

 

往年の名曲「燃える朝焼け」
お聴きになってどうでしょうか。全盛期であろう『イエスソングズ』や『イエスショウズ』のヒリヒリした音とは、やっぱり違うかなぁ。年齢を重ねて、ゆっくりと、丸くなった感じしますね。そして、映像をご覧になっておわかりかと思いますが、スティーヴ・ハウとクリス・スクワイアが大きく前面に出ています。(余談ですが、この曲だけはブラフォードのドラムで聴きたい・・)

笑顔な巨体でステージ上をのっしのっしと歩き回るクリス。予想通り、地を震わすバカでかい音。
曲中でもギターをとっかえひっかえして、とにかく弾きまくるスティーヴ。エイジアでの音色ではなく、イエスの音色。

明らかに、今のイエスはこの両巨頭が左右で締めるバンドなのだと思います。
ワタクシ無責任に思うに、アンダーソンと袂を分かったイエスは、この2人を軸にして、テクニシャンな若手キーボードとドラムとヴォーカルを添えてやるべきかと。ポップな前作『フライ・フロム・ヒア』の路線を取っていくにしても、バグルスと一線を画す必要があると思うのです。
それは、売れなくなる危険はあるかも知れません。しかし、複雑な曲構成を大音量でやって欲しい。その意味では、ジェフ・ダウンズのキーボードはやっぱり違う。彼はエイジアでこそ輝くと思う。

 
最後、クリスは「See you next time!」と手を振って帰りました。
本当だろうか。本当なら、次はどういうメンバーだろうか。アンダーソンと和解してたら、それはそれでOKなりだけど(笑)

そういえば、冒頭は「火の鳥」ではなかったです。ちょっと期待していたのですが・・。
これはいつから違うのかな。『90125』のころから、もう違ったのかな・・。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

この曲大好きです。
個人的には「危機」より「こわれもの」の方が好きです。
バッファローなんちゃらとかいう映画での使われ方も良かったですね。
 
ここに以下のようなチケットがあります。
「Anderson, Bruford, Wakeman, Howe NHKホール
1990. 3. 2 6:15PM開場 7:00PM開演 S \5,000 【消費税込】
UDO ARTISTS, INC.
 
感想から言いますと、当時はアンプラグドなるものが流行っておりまして、
ハードロック、プログレ主体だったわたしにとっては忌々しき流行でした。
よって、アンコールのラウンドアバウトのみ総立ちで燃え上がったくらいでした。 
人それぞれなのでしょうが。。。
 
http://www.youtube.com/watch?v=4bt_-R5LInU
いろいろ迷いましたが結局これを置いていきます。
なぜこの曲が浮かんだんだろう?

Prideさんありがとうございます
大好きな曲をネタにできて良かったです。映画は『バッファロー’66』ですね。しかし未見です・・。

ABWHを生でご覧になっているのですね。それはすごいうらやましい。。
今回も立ちは最後だけでしたよ。そういえば、数年前に見たエイジアは最初から総立ちでした。初めてのオリジナルメンバーというのもあるでしょうし、ああいうメンツが久々だったのでしょうか。

ご紹介のはハートですね。ほとんど知らないのに、なんだか懐かしい・・。

興味深く感想を読ませて頂きました。
相変わらずクリスの音はバカでかかったのですね(汗)
この人がリッケンを持つと、カラがデカイのでギターにみえるんですよね。私はスティーブ・ハウはやっぱりイエスでのギターの音が好きです♪
「燃える朝焼け」メンバーが違うのでしょうがないですが、ソングスの時代のほうが尖ってましたね。まあ数十年この曲をやってる余裕がそう聴こえるのかも?
次回はぜひオリジナルメンバーで!

ジャックさんありがとうございます
あの人はリードベースって感じですものね。
見ていてちょっと思ったのですが、右手で弾く位置が多少違ったりしますね。映像で言うと、イントロのトコロと6:30あたりのトコロの違いとか。こういうのも興味深かったです。
おっしゃるとおり、ハウさんはイエスでこそ輝く気がします・・。トシを取ってこそできるプレイもあるのかなぁ、、とも思うので、ファンとしては勇気を持って前進してほしいです。
次回はそうですよね! ウェイクマンのピアノが聴きたいです!